ALFAROMEO 4CLAUNCH EDITION

– SOLD OUT –

年式
2014
車検
H32年2月まで
走行距離
7,000 km
排気量
1700 cc
外装色
ロッソアルファ
内装色
ブラック
ミッション
コラムMTモード付6AT
修復歴
なし

SPEC装備・仕様

  • パワーウィンドウ
  • エアコン・クーラー
  • キーレス
  • ミュージックプレイヤー接続可
  • ETC
  • 障害物センサー
  • ABS
  • 横滑り防止装置
  • 盗難防止装置
  • 運転席エアバッグ
  • 助手席エアバッグ
  • ヘッドライト:LED
  • アルミホイール
  • 過給器設置モデル
ヨーロッパ新車並行車で、ヨーロッパ限定500台の464番の車両。アジア圏では200台限定車と非常に希少モデルです。

また、ボディーカラーの「ロッソアルファ」は正規輸入では選択不可能なカラーです。


《アルファロメオ 4Cについて》

アルファロメオ 4Cは、2013年に発売された同社初の量産ミッドシップスポーツカーです。

この車の最大の特徴は、徹底的に軽さを追求し、優れた運動性能を得ていることです。基本骨格はカーボンモノコックにアルミ製サブフレームの組み合わせで、単体重量がたった65kgというモノコックは、強靭で軽量である反面、コストと手間のかかるプリプレグ方式で作られています。またエンジンも基本設計こそジュリエッタ用の直4 1742cc直噴ターボと同じながら、シリンダーブロックの素材をアルミに変えるなどして22kgの軽量化が図られました。そのため本国仕様の乾燥重量は895kgと極めて軽いのです。

パワーユニットは最高出力240PS、最大トルク35.7kgfmと決して強烈といえるスペックではないものの、6速のデュアルクラッチ式2ペダルトランスミッションとの組み合わせで、0-100km/h加速タイム4.5秒、最高速度257km/hという素晴らしいパフォーマンスを実現しています。

歴史的な名車であるティーポ 33/2 ストライダーレをモチーフにした、いかにもミッドシップらしいスタイリングも含め、小さなスーパーカーとでもいうべきスポーツカーです。

4Cには発売記念限定モデルとして世界で1,000台のみ販売される、ローンチエディションが設定されました。専用のカーボン製ヘッドランプベゼル、ドアミラー、リアスポイラーなどが与えられたほか、スポーツサスペンションやスポーツエキゾーストなどが標準で備わっている特別仕様です。発売と同時に生産が追いつかないほどの人気を得た4C同様、ローンチエディションもまたたく間に売り切れました。